Dog Day for Pregnancy in Obitoke-dera Temple 帯解寺で安産を祈る、戌の日。

burn 3 sticks of incense.

Life is beautiful

Life is a succession of something new. I got married 2 years ago. We started new and busy life in the first year. Although it was busy, we could enjoy it. In the second year, I accidentally got a disease and fortunately recovered. After that my wife got pregnant. I felt happiness, but she kept feeling bad due to morning sickness for about 2 months. As soon as she got easy, we are supposed to go to a temple for `Inu-no-Hi’. What is it ? Life is like storms.

dog is a symbol of easy delibery

Pray for an easy delivery

What do you imagine about a dog ?  Obedient, wise, speedy and cute something like that. Well then, what is its peculiarity related to birth?  The answer is having an easy delivery and having many babies at once.

‘Inu-no-hi’ means ‘Dog day’. Dog day is the 11th day of a cycle of 12 days called 12-shi(1th:mouse 2th:cow 3th:tiger 4th:rabbit 5th:dragon 6th:snake 7th:horse 8th:sheep 9th:monkey 10th:bird 11th:dog 12th:wild boar) .

The belief that praying for a baby and wearing a maternity belt in Inu-no-hi in the fifth month of pregnancy leads to an easy delivery have been believed.

reception of Obitoke-dera Temple

Obitoke-dera Temple

Foreign tourists seldom visit this temple though it takes about only 10 minutes from JR Nara station by train. However, when it comes to praying for an easy delivery or having baby, it is one of the most famous temples in Japan. The foundation was in 858. Emperor Montoku in Heian period established this temple after he prayed for having baby to Koyasu-kannon which is main Buddha-statue here, and got a boy. When woman of the Imperial Family get pregnant, she is presented a traditional maternity belt and an amulet recently.

We wrote our name, address and the day the baby will be born at the reception and chose a type of maternity belt. Then monks offered a prayer to us with horrible voice, must be magnificent voice, in the main hall facing to Koyasu-kannon statue. During this other monk wrote an incantation on the maternity belt in other room.

maternity belt with incantation stamped

Until removing a belt

After we return home, my wife wore the maternity belt with an incantation stamped.She seemed not to feel well in a wired belt. ‘Obi Toke’ means ‘Belt Removed’ in Japanese. I am impressed that we have strange customs in our country. Hey my baby, what new things do you bring us next time?  First of all, I hope the belt will removed safely.

Obitoke-dera Temple

http://narashikanko.jp/english/kan_spot_data/e_si77.html

帯解寺

ライフ・イズ・ビューティフル

人生は、新しいこととの出会いの連続だ。2年前に結婚をして、新しく忙しい生活がスタートした1年目。慌ただしかったけれど、それを楽しめた。2年目、突然に僕が病気になり、幸運にも回復。そのあと妻が懐妊。僕は嬉しかった一方、妻は約2ヶ月間つわりで気持ち悪がっていた。体調が良くなったと思ったら、今度は「戌の日」にお寺に行くことになっていた。何なんだそれ? まったく、人生は嵐のようだ。

お守りワンちゃん

安産の祈り

犬ときいて何を想像しますか? 従順、賢い、すばしっこい、かわいい。そんなところ。では、出産に関して、どんな特徴があると思いますか? 答えは、安産で一度にたくさんの子供を産む、ということだそう。

「戌の日」とは十二支とよばれる日々のサイクルの11番目にあたる日のこと。日本では、妊娠5ヶ月の「戌の日」に安産祈願をして、腹帯を巻けば、元気な子が生まれるということが信じられてきた。

子安観音

帯解寺

JR奈良駅から電車で約10分しかかからないのに、この寺には外国からの観光客はほとんど来ない。でも、こと求子祈願や安産祈願の世界では、ここは日本で最も有名な寺のひとつだ。創設は858年のこと。当時の文徳天皇が子供ができず悩んでいたとき、春日明神のお告げによって、子安観音という現在の本尊に祈願したところ、子(後の清和天皇)を授かった。それがきっかけで、天皇が伽藍を建設したのだそうだ。また、江戸時代にも徳川2代将軍秀忠、3代将軍家光の求子祈願を成就させている。最近では皇室の女性が懐妊されると、腹帯とお守りを献納しているそうだ。

僕たちは、受付で名前と住所と出産予定日を書き、腹帯を選んだ。それから本堂で祈祷をしてもらう。僧侶のおどろおどろしい声(多分すごく素晴らしい声なんだろうけど)の祈りが、子安観音の前で響いていた。この間、別室で腹帯に御朱印が押されていたはずだ。

腹帯コルセットの見本

帯を解くまで

家に帰ってから、妻は御朱印がおされた腹帯を付けた。初めて身につけるものだから、心地がわるそうだった。「帯解」というのは、腹帯を解く、つまり、無事に出産が終わりますようにという思いが込められているのだそう。まったく、世の中には興味深い風習があるもんだと思う。いったいこのお腹の中の子は、次はどんな新しいことを僕らに教えてくれるのだろう。とりあえず、無事に帯が解けますように。

Advertisements
Posted in custom, temple, travel, Uncategorized | Tagged , , | Leave a comment

Tricky and Holy Animal in Bali and Nara バリの猿、奈良のシカ

sleeping deer in Todaiji-Temple

 

monkey in Uluwatu-Temple. just has snatched the hair tie and run away.

There are many legendary animals which are considered messengers of gods. But it is unusual that you can see and even touch them for real.

Monkey in Uluwatu-Temple in Bali and deer in Kasuga-Shrine in Nara are two of the rare locations.

Both have been believed holy animals by locals for a long time. And lovely and wild animal roaming closely around you is one of the tips which attract tourists.

But be careful. They often play a trick on you. Deers in Nara love paper so much that you have to keep book or map in your bag. As monkeys in Bali always get excited when they find eyeglasses, cameras and stuffs like that, it is better not to wear them. Actually a monkey who should guard the temple from bad influence has snatched the hair tie from my wife!

神々の使者とされる伝説上の動物はたくさんいる。でも本当に彼らを見たり、触れたりできるっていうのは、あまりない。

バリのウルワトゥ寺院にいる猿、それから奈良の春日大社の鹿は、そういった珍しい場所のひとつ。

どちらも、長い間地元の人々から神聖な動物だと信じられてきた。そして、人のすぐ近くを歩き回る愛くるしい野生動物は、観光客を惹きつける素材の一つになっている。

でも気を付けて。彼らはよくいたずらをするから。奈良の鹿は紙が大好きだから、本や地図はバッグにしまうこと。バリの猿はメガネやカメラとかを見つけると興奮してしまうから、身に付けないほうがいい。実際僕の妻は、お寺を災厄から守るべきその猿に、髪留めをひったくられたから。

Nara Park (including Kasuga-Shrine and
Todaiji-Temple)

http://www.pref.nara.jp/nara_e/dd_aspx_itemid-1213.htm#itemid1213

Uluwatu-Temple

http://wikitravel.org/en/Uluwatu

 

 

 

Posted in animal, nature, temple, travel, world heritage | Tagged , , , , , , | Leave a comment

A Hackberry Tree in Asuka 明日香のエノキの木


The road to our elementary school was a part of a foot path along mountains.There was a big hackberry tree near a bridge.Steps on fallen-leaves of it made sounds like ‘kishi,kishi.’

There was such scene over the kid’s heads  20 years ago as yellow-coloured leaves, moss-covered trunk and branches spread in all directions.

As I felt he turned his face back, I became calm.

山際にそって続く遊歩道が、小学校の通学路だった。橋のたもとにエノキの大木が生えていて、秋に落ち葉を踏むと、キシキシという音がした。

黄色く鮮やかに染まった葉っぱ、ツタにからまられ苔むした幹、四方八方に広がった枝々。20年前の通学する小学生の頭上には、こんな景色があったんだ。

一瞬、子供の頃の自分が振り向いた気がして、心が和んだ。

It’s near Ishibutai Burial Mound in Asuka.

http://www.pref.nara.jp/nara_e/dd_aspx_menuid-1335.htm

Posted in hiking, nature, travel, Uncategorized | Tagged , , | 2 Comments

The Nara Great Buddha and Japanese 奈良の大仏さまと日本人

“I came to Nara when I was a student for study excursion” It’s always the first voice of Japanese visitors here Nara.In their old memories,they remenber Great Buddha sitting in Todaiji-temple which was established in 8th century. I would like them in this picture to come back someday.

「修学旅行で来て以来だよ」奈良に訪れた人の第一声は決まってこうだ。東大寺に鎮座する大仏さんを見た古い記憶をたどる。いつか写真のなかの彼らも戻ってくるだろうか。

Posted in temple, travel, world heritage | Tagged , , , , , | Leave a comment

Peace in front of Guardian in Nara 仁王さん前のピースフルな風景

Peace in front of Guardian in Nara

Kongou-Rikishi-Zou (the statue of guardian )of Great Buddha at Nandai-Mon (the south gate) of Todaiji-Temple.
Kids group interviewed foreign tourists for study of English.

Image | Posted on by | Tagged | Leave a comment

Equinox,Pray,Lycoris 秋分の日、祈り、彼岸花

Autumn Equinox

We offer flowers to our grave in the day when the sun set into directly west.

The Equinox day is called “Higan-no-Chunichi”and 7 days adding 3 days before and after the Equinox day are called “Higan”. We place boxes of cake and flowers before the family Buddhist altar and go to the grave to clean it up, burn sticks of incense and pray with our hands together.

The word of “Higan(彼岸)”comes from “到彼岸”in Chinese into which is translated “Paramita” in Sanskrit in ancient India. The meaning of “Higan”  in Buddhism is the final ground after attaining enlightenment. A Man can jump from “Shigan”,this site, to “Higan”, the opposite side, through asceticism which is called “Haramitsu”.

This Higan might have been mixed with “Gokuraku-jodo” in Japan.It’s the pure and peaceful world in Jodo Idea which spread throughout ordinary people from Heian
period(794-1191). We instantly whisper like “Ah,Gokuraku Gokuraku” when we take
hotspring.So Gokuraku-jodo does take root in our mind.Then Gokuraku-jodo is
said to be located in west. Eventually we have prayed ancestors in the day when
the sun set into directly west where Higan=Gokuraku-jodo is exists.

秋分の日

太陽が真西に沈む日、私たちはお墓に花を供える。

その日は彼岸の中日とよばれ、前後3日間を足した7日間を彼岸と呼ぶ。祖先をまつる家の仏壇に花や菓子を供え、墓地に行って墓石を掃除し、線香をたき、手を合わせて目を閉じ、祈る。

彼岸の語源は古代インドのサンスクリット語のparamita (波羅密多/はらみった)の漢訳「到彼岸」。一方仏教における彼岸の意味は、悟りを開いた境地のこと。人は煩悩に満ちた此岸(しがん)から波羅蜜と呼ばれる修行をして彼岸に達するのだという。

日本では、この「彼岸」に平安時代以降に庶民に定着した浄土信仰における、安らかで清浄な世界「極楽浄土」が重ね合わせられた感がある。温泉につかったらつい口からこぼれる「あー、極楽、極楽」という、あの言葉。極楽浄土は西にある。彼岸=極楽浄土を指す西に太陽が沈む日、それも真西に沈む日、そこにいるはずの先祖を拝むというわけ。

Lycoris

I went to our family tomb
in the autumnal equinox Sep.23. Bunches of chrysanthemum, Shikimi leaves and other flowers have been placed by my family yet. I burned sticks of incense, thought my family and pray their happiness and good health thinking of ancestors sleeping in the tomb.

Looking at rice terrace from the cemetery, red lycoris were in bloom there. It’s often called “Higan-bana”which means Higan flower because it comes out just in this season in September. When I was a child, red flowers spreading like spider’s legs scared me. So I cut them desperately by my sword made of bamboo. Stems with no leaves were cut easily
even for a kid. That bad image I had doesn’t seem wrong since lycoris had called “dead man flower” or “hell flower” due to its own poison.

But colonies of lyconis blooming in paths between rice fields were looked beautiful shined by the sun set. Almost gold ear of rice is wealth in our side. Beautiful dead man’s lycoris is a sign post keeping both sides together. If they are, the shining sun is warm spirit of ancestors who are living in the other side, Gokuraku-jodo.

彼岸花

9月23日、秋分の日の夕方、私は墓地に行った。墓石にはすでに家族が供えてくれた菊の花やシキミの葉の花束が差してあった。線香を炊き、手を合わせて祈る。家族のことを思い浮かべ、墓に眠っている先祖様たちに対して、健康を祈り、幸せを祈った。

墓地から見える棚田に目をやると、マンジュシャゲがいたるところに咲いていた。別名、彼岸花。ちょうど9月の彼岸の時期に咲くことからそう呼ばれる。子供の頃は、真っ赤な蜘蛛の足のように無数に広がった花が恐ろしく、竹を細く切った刀で、次々に切り倒していった。葉を持たない茎は気持ちいいぐらいに簡単に切れた。そしてその悪い印象はあながち間違いではなく、マンジュシャゲは毒をもっていて、昔から「死人花」とか「地嶽花」とか呼ばれていたんだそうだ。

にもかかわらず、畦道に咲く赤い花の群生は、夕日に照らされて美しく見えた。黄金色に近づきつつある稲穂は、こちらの世界の豊かさ。美しい死者の花は、こちらと彼岸をつなぐ道しるべ。だとしたら眩しく差し込む夕日は、浄土にいる先祖たちの温かな気持ち。そんなことを思いながら、棚田を後にした。

Ohagi

There is a standard of cake as offering of Higan. Bota-mochi in spring and Ohagi in autumn. Though their names are different, they are the same Japanese cakes which soft rice are struck again and again and rolled with much of bean-jam.Bota-mochi and Ohagi were named for Botan,peony, and Hagi,bush-clover which bloom in each season. When I was small, I don’t like it. But now its rice’ salty taste and bean-jam’s sweet taste is lovely.
Even after finishing dinner, I ate 3 Ohagis. Sweets of Gokuraku-jodo is stunning.

MAP  (Rice Terrace in Asuka Village)

http://diddlefinger.com/?ll=34.462268,135.819941&z=14&t=m

おはぎ

仏壇に供える食べ物には定番がある。春はぼたもち、秋はおはぎ。これらはどちらも同じものを指し、やわらかいお米をついた団子を、たっぷりの餡で包んだ和菓子のことだ。春はボタンの花、秋は萩の花にちなんで、そう呼び分けるらしい。小さい頃は苦手な味だったが、大人になってから食べると、もちのしょっぱさと餡の濃厚な甘さが存外美味しく、夕食の後にも関わらず用意した3個ともを食べてしまった。極楽の味、おそるべし。

Posted in custom, flower, life, nature, travel | Tagged , , , , , , | Leave a comment

十津川村トリビュート

玉置神社 奥の院 玉石社

台風12号による被害と今できること

紀伊山地。本州から太平洋にグっと突き出した、紀伊半島の南半分を占める広大な山地。古代から山岳宗教のメッカとして神聖視され、いまなお修験道の行者が行場をめぐっている。その文化的景観の価値が評価され、2004年には「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコ世界遺産登録された。

9月2〜3日、この地域を台風12号が襲った。9月21日現在、奈良県内だけでもあわせて死者9人、行方不明者が16人、住宅全壊が45件、半壊11件、床上浸水は85件に及ぶ。村に通じる主要道路、国道169号線では数箇所で道路が崩壊し、一般車両は通行ができない。橋が落下する箇所もでた。被害発生当初から自衛隊、国土交通省、奈良県、警察、消防などが現地入りし、地元の方々とともに救援活動と復旧作業を行なっておられる。

台風12号で同じく被害を受けた和歌山県には多くのボランティアが駆けつけて復興作業に尽力されているが、奥深い奈良県の山村はアクセス道が限られ、それらの通行が規制されていることもあり、域外からのボランティアは現在のところ受けつけづらい模様だ。

1947年に300戸、2691人に集団移住を決意させ、北海道に新十津川村という開拓地を生んだ大豪雨の後も、残った人々は村を再生させた。ここは古来、蘇りの地とされる。域外にいる私たちに今できることは多くないけれど、彼の地の風景や歴史を思い、時間が少し経ったとき、訪れる機会に備えることはできる。今回の投稿では、中でも被害の大きかった奈良県十津川村について、その観光の魅力を紹介する。

紀伊山地に思いを馳せよう。

奈良県による義援金募集サイト

http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-25493.htm

谷瀬の吊り橋 (十津川村観光協会HPより転載)

吊り橋

紀伊山地の中央部にあり、奈良県の五分の一、琵琶湖と同じほどの広大な面積をもつ十津川村は、日本で一番大きな村として知られる。実に96%が山林で、人々は急峻な山々と蛇行する川が形作る谷に、わずかな平地をつくって生活を営んできた。

そのような地形から必然のものとして作られたのが、吊り橋。村には50余りの吊り橋があり、集落と集落をつなぐ道として利用されている。その中でも最も有名なのが、「谷瀬の吊り橋」だ。

長さ297m、川面からの高さは54m。1954年架橋。奈良から十津川村に入る場合、ほぼ入口にあたる上野地という集落と十津川本流をはさんだ谷瀬という集落をつないでいる。

鉄製なので安心感はあるが、いざ渡っていくと、足元から真下の川が見通せるから腰が引ける。止まってしまうと、ほかの通行人の動きが橋を揺らし、さらに恐怖感が高まる。そうしているときでも、十津川の流れは透き通って美しい。付き合いたいと思う彼女がいる場合、谷瀬の吊り橋に行くのを強くお薦めする。普通の乙女なら、間違いなく男にしがみついてくるだろう。ただし一度予行演習に行くのを忘れないように。肝心なときに腰が引けていては意味がない。

この吊り橋は、当時たった38戸の谷瀬の村人が、自腹で立てたのだそうだ。大卒の平均月収が1万円の時代に、工事費は800万円。松茸がとれる山林を売って600万円を捻出し、残りを村が出したという。司馬遼太郎は「街道をゆく」のなかで、十津川村の人々のそのような気質を、自分たちのことは当然自分たちでする、という「公の意識」と読んで、古代から明治維新まで免租地として一種の独立を守ってきた「十津川共和国」を論じている。

今回の災害でも、崩壊した道路に木製の仮設道を住民自らが設置していた。周囲の地域から隔絶されていたことは、災害にも負けない生きる力を伝統的に生み出してきたのかもしれない。

十津川温泉 (pictured by maicco)

源泉かけ流し宣言

十津川とくれば、多くの方は「温泉」と思うだろう。奈良県では数少ない温泉地の一つだ。2004年、十津川村は村内の湯泉地温泉、十津川温泉、上地温泉という3つの温泉の25施設において「源泉かけ流し」を宣言した。なぜそんな宣言をするのか。日本に温泉は数多くあるが、こんこんと湧いてくる温泉を、沸かさず、循環させず、塩素消毒をせず、薄めず、大地から出てきたままの状態で湯船に流しているとこととなると、かなり数は絞られる。十津川村の温泉は、それが可能なほど最高の泉質といえるわけだ。

湯泉地温泉の滝の湯という川岸に設けられた露天風呂が好きで、何度か通ったことがある。健康な体だから効能については未体験だが、少なくとも他では味わえない純粋な気持ち良さがある。その理由を考えたときに突き当たるのが、何も手を加えていない温泉。屋外で、素っ裸で、地殻から湧き出た混じりっけなしの水分を通じて大地とつながる体験。

紀伊山地で古来進行されている修験道の修行の目的は、大地とつながることにあると、ある先達(修験道で山中に入る際の案内人)からきいたことがある。男は俗世で数々の過ちをおかす。それを洗い流すために、険しい山中で厳しい修行をし、一度大地に戻る。別の言い方をすると、一度死ぬ。そして蘇って、また下界へ降りる。例えば大峰山がいまだに女人禁制なのは、女性を拒んでいるのではない。そもそも女性は同じ修行をする必要がない。なぜなら、子を宿す女性は大地とつながっている存在だから。

「蘇り」という、厳しい修行の果ての見返りを、「源泉かけ流し」で得よう、とまでは言わないが、十津川の温泉は、いい。

神代杉

玉置神社

十津川村に仏教のお寺はない。廃仏毀釈で53カ寺すべてを廃寺にしたらしい。一方で村民は一つの神社の氏子だといわれる。その神社が、熊野三山の奥の院と呼ばれ、大峯奥駆道七十五靡の十番行場、玉置神社だ。

国道168号線の折立橋(今回の台風で落橋)のたもとから東へ脇道を入り、曲折する急な上り坂を登っていくと、玉置山の標高1067mにその社はある。駐車場からは15分ほど歩く。鳥居をくぐり、鬱蒼とした山林の静かな山道を進んでいくと、杉の巨木が散見しだし、次第に空気感が変わる。苔むした石段をあがったところにある入母屋造りの社殿はなかなかのものだ。周りには樹齢三千年を超えるという神代杉や常立杉、磐余杉が巨人のような姿で立っている。しかし、玉置神社の特異さ、奥深さを肌で感じるために、さらに社域の奥にへと山を登っていくと、3本の杉の巨木の根元に白い無数の丸石が敷き詰められている「玉石社」にたどり着く。社殿はなく、この白い石が神体であるという。

玉置神社の創始は、熊野三山と同じく第10代崇神天皇の時代と伝わる。三輪山を祀る大神神社や禁足地という場所を祀っていた石上神宮が史書に登場しはじめる時期(3世紀後半頃と考えられる)と重なる。熊野灘を見渡せる標高1068mの地点は、はるか先人たちの祈りの姿に思いを馳せる場所でもある。

参考文献

「街道をゆく 12十津川街道」 司馬遼太郎 朝日文芸文庫

「司馬遼太郎の風景7」NHK「街道をゆく」プロジェクト

リンク

十津川村役場

http://www.vill.totsukawa.lg.jp

十津川村観光協会

http://totsukawa.info/

Posted in world heritage | Leave a comment